Line

弥陀の救い

0 6月 18th, 2009

正信偈の冒頭に「帰命無量寿如來南無不可思議光」とあるように、全く同じことを二度繰り返しているというのは、親鸞聖人が言っても言っても言い足りない、書いても書いても書き足らない喜びの無限の波動をあらわしているのです。

親鸞聖人が繰り返して生命の歓喜を叫ばずにおられなかった弥陀の救いというのはどんなものなのでしょうか?!
正信偈最初の二行で生きている今、弥陀に救われたということがある、そしてそれはハッキリする、ということが分かります。

親鸞聖人が「阿弥陀如来に救われたと」と言われているのは言葉を変えていうと「人生の目的が完成した」ということなのだそうです。
人は何のために生まれてくるのか?なぜ生きているのか?どうして自殺をしてはいけないのか?その答えがハッキリし、人生の目的を達成されたことだと教えてもらいました。

本当の人生の目的を知って、それを完成させ「人間に生まれてよかった」と本当の幸福になるために生きている・・・・。
素晴らしいことですね。

真の人生の目的を達成された喜びが、正信偈の最初の二行に書かれているわけですが、
その人生の目的を、歎異抄では「摂取不捨の利益」を獲ること「無碍の一道」へ出ることだと書かれています。
この「摂取不捨の利益」も「無碍の一道」も今の日本語でいいかえれば「絶対の幸福」ということになり、どんなことにも絶対に壊れない、崩れない無上の幸せのことです。

次回は、親鸞会で聞かせてもらったことについて調べていきたいと思います。

Comments are closed.