Line

正信偈・冒頭の二行

0 3月 5th, 2009

正信偈の最初の二行について簡単に意味を説明しましょう。
正信偈最初の二行は「帰命無量寿如来南無不可思議光」と書かれています。

これは、「無量寿如来に帰命し、不可思議光に南無したてまつる」と読みます。

無量寿如来とは、阿弥陀如来の別名です。
不可思議光とは、不可思議光如来を略したもので、これも阿弥陀如来の別名です。

釈迦如来と阿弥陀如来は、同じ仏さまだろう、他にも大日如来とか薬師如来とかいわれる仏さまもおられるが、レッテルが違うだけで結局同じなのだろうと思っている人が多くあるようです。
しかし、釈迦如来と阿弥陀如来はまったく違う仏さまです。

蓮如上人の書かれた御文章という有名な仏教の本には「阿弥陀如来と申すは三世十方の諸仏の本師本仏なり」ということが書かれてあります。
この地球上の仏さまはお釈迦さま一仏ですが、大宇宙には地球のようなものが数え切れないほどあり、そこに仏さまが現れておられますから、数え切れないほどの仏が大宇宙におられ、これらの仏を十方諸仏とお釈迦さまは教えておられます。

お釈迦さまをはじめとした大宇宙の仏さまの先生が阿弥陀如来という仏さまなのです。

その阿弥陀如来のことを正信偈では無量寿如来・不可思議光といわれているのです。

次回は南無、帰命とはどういう意味なのか、次回書きたいと思います。

Comments are closed.